なつやすみ の にっき

7がつげじゅん

ぼくは日本にきせいしました。パラサイトのほうです。じっかに寄生しました。

かれら(ぼくの両親)は僕のことをこころよく迎え入れつつも、その笑顔はひきつっていました。

オリンピックがちかいということもあってか、両親がリビングでばたふらいの練習をする姿をよく見かけました。

7月げじゅん

僕は日本の新しい文化をまのあたりにしました。すいかわりという日本の伝統とジョージルーカスの夢のこらぼれーしょんです。

現在の日本に於ける核家庭では必ずと言っていいほど催される行事のようで、僕は、あぁこれは温故知新だなぁと思ったのです。

夏休みも中盤になってくると漢字もずいぶん思い出されてきたように思います。

ストームトルーパーとクローントルーパーの違いがわからない輩は一昨日お越しください。

 

8月上旬

僕は自分を見つめなおしました。もちろん比喩的に。僕はなぜ帰国したのだろうと。

そして思い出しました。友人の結婚式に出席するためだと。そしてさらに思い出しました。その結婚式がキャンセルされたことを。

そしてぼくはまたすべてをわすれました。りふと、たのしい。かさが、ついてる。

8がつちゅーじゅん

僕はなんのために日本にきたんだろう。よくわからないので、じぶんをさがしに千葉へ行きました。

市原ぞうの国というところにも行きました。なんのためかって?もちろんカピバラさんを見るためです。餌付けもできます。

崖観音という、みすてりーぷれいすもありました。崖のうえの観音。観音、観音、千手観音の子ー。

8月中旬

カナダの知り合いのつてで、宮内庁にお勤めのやんごとない方と会食をする運びとなりました。

せっかく帰国されたということで、浅草でどじょう鍋でもいかかですか、と訊かれたので

 「あ、それは今度パートナーと頂く予定なので結構です」

と、ばっさり断っておきました。親子丼ご馳走様でした。

8月下旬

すいかをあたまに乗せるのは日本の伝統的行事みたいです。

 

日本のトラディションは、スカイブルーを頬に貼り付けることです。

という冗談はさておき、僕らは日本の夏の代名詞、流しそうめんをやりました。

途中でラーメンも流れていました。意味が、意味がわからなかったです。

 

どうもめんどくさくなってきたので、ここでなつやすみの日記はおわりにします。

僕の日記の内容にこころあたりがある人たちは、写真帳のほうも見ればいいんじゃないかとおもいます。

2008 JAPAN  SUMMER

広告

なつやすみ の にっき” への2件のフィードバック

  1. 楽しそうで何よりだわー
    てかでもキャンセルされちゃったのね。。
    こっちは第一週目が終わったとこよー
    毎日天気が良くて素晴らしい♪

  2. ねー。帰国するときはすごくげんなりしてたんだけど、いざ行ってみると今度はカナダに帰るのがうんざりしたよ。こっちも毎日天気が良くて皆さんジャケット羽織ってます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close