no more than, no less than

 
硬貨の側面だけを見ながら淀みなく端数を支払えるようになったことに、生活への慣れを感じる。
 
スペルを反芻せずにファーストフードレストランのレジに並んでいることに、言葉への慣れを感じる。
 
けれど、失恋した相手を前にして慰めの言葉に詰まってしまう時に、結局そのどちらにも慣れていないことに気づく。
 
 
涙を湛えた彼女の眼からは何も読み取れず、投げかける科白をとうに失った唇は閉じ切ったまま。
 
何一つ満足なことを言えずに僕はひとり帰途につく。そして帰り道に近所のレストランで夕飯のテイクアウトをする。
 
列に並びながら無意識のうちに商品名の発音を何度も確かめ、コインを素早く区別することもできずに仕方なく紙幣で勘定をすませる。
 
 
景色は巡る。見えていたものは西の地平線の彼方へ沈み、夜の帳が下りる。明日はもっとうまく言えるといいなと願う。
 
広告

no more than, no less than” への2件のフィードバック

  1. そんなの日本語でも何も言えないな…頭撫でてあげるぐらいしかできなさそう。まっ、元気出しなよ。よしよし。

  2. 相づち辞典があったらなぁと思ったよ。これは需要あるかもしれない。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close