BOOK

クリスマスまでの荒涼に持て余した時間を精一杯埋めるように、緑や赤に彩られたイルミネーションが街に花咲き始めて二週間余りが過ぎました。
 
もう12月か、と毎年のように同じ科白がともすれば口をついて出てきてしまいそうです。肌に触れる空気の波も、日一日と冬の装いを呈してきています。
 
 
 「Excercise de Style」/ Raymond Queneau
 
  「コミック文体練習」/ Matt Madden
 
随分昔に読んだ、「文体練習」こと Excercise de Style のコミック版が発売されたので購入しました。
 
文体練習とは、レーモン・クノーさんがあらゆる言語表現方法を駆使し、一つの短いエピソードを99通りで描き出すという言語遊戯本です。
 
例えば、ひな型となる文章は以下のようなものです。
 
 
ある男がバスに乗っているときに、感じの悪い男性の乗客と軽く口論になる。数時間後とある広場で、またその嫌な男とその友人らしき人物を見かける。
 
どうやら、彼はコートのボタンについて、友人にアドバイスを受けているようである。
 
 
もちろん、原文はもう少し長いのですが概要としてはこんなところです。原則的にはその意味を崩さず、いかに言語的技法を使うかという楽しさが新鮮です。
 
主観性の転換、古典的な語り口、擬音の強調、確率論、暗号のような言葉の並び替えなど枚挙に暇がありません。
 
 
コミック版では、氏の同作品を、絵を用いた表現方法つまりコミックの形で描かれています(物語、表現方法など内容は異なる)。
 
凡庸な作品でも、その切り口や視点を変えることでいかようにも様変わりする、という創造性の余剰を感じることの出来る素敵な本、そしてコミックです。
 
 
なぜか12月ばかりが、年末に冠された月だというのみの理由で、「もう」と言われ続けているのはフェアじゃないような気がしたので
 
 「いやー、今年ももう11月だね」
 
と友人に言うと
 
  「うん、もう12月だよね」
 
とさらりと訂正されました。東京って冷たいところですね。
 
 
 
先月のハロウィーンパーティー(夜の部)を含め、今更写真をアップします。焼いも大会(大会?)は予想以上に楽しかったので、寒いうちにまたやる予定です。
 
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close