September 11

雑誌で、五年前のワールドトレードセンターでのテロリズムについての記事を読んだ。
もう五周年を数えるこの歴史的な暴力も、その爪あとを少しずつ失いつつある。
 
それはこんな記事だった。
 
かの同時多発テロで娘を亡くした母が、ふと遺品のノートパソコンを立ち上げる。
普段はパソコンを使わない彼女も徐々に使い方に慣れ、ファイルに保存されている娘の撮った写真などを見始める。
ある日、中身は音楽のファイルか何かだと思っていた「トップ100」と名付けられたフォルダをクリックしてみた。
そこには、「娘の目標」を記したリストがあった。
 
1.健康であること 2.良き友人でいること  3.愛する人たちと連絡を取り続ける  4.大学院の学士を取る
 
生きていれば今年で35歳になるはずだった彼女は、すでにこの世にはいない。
誕生日をとても大切にし、自分のそれは一週間にわたって祝っていたという彼女はもういない。
 
25.お金を大切にする(でも崇拝しない)  26.多文化を知る 27.  友人のための時間をつくる 28.ワインの勉強をする
 
2001.09.11の夜、彼女はワイン教室に行く予定だった。リストの28に横線を引くため、あるいはリストの全てを実現するため。
 
37.
 
そのリストの最後には、「37.」と番号だけ振られた未来の目標が静かに横たわっていた。
 
「死ぬまでにしたい10のこと」という映画があったけれど、僕もとてもじゃないけれど10個では収まりそうもない。
しかし、もちろん実際に目標のリストを書いているわけではない。実際的にも、形而上的にも。
 
自分の目標を実際にリストにすることが優れたことなのかどうかわからないけれど、書き出してみようかなと思う。
いくつまで書けるかな。
 
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close