BOOK

伸ばし続けていた髪をばっさりと切ろう、と思い立って美容院に行ってきました。
 
あいにく担当の美容師さんがお休みだったので、他の方が代打出場してくれました。
 
彼は男性で、来た客のステータスが聞かなくてもなんとなくわかってしまうという特技を持っているらしいのです。
 
 
 彼「うーんとね、年は26でしょ?んでもって今年新婚ホヤホヤだとみた!どう?」
 
 僕「え?僕まだ21ですよ」
 
 彼「えー!?ほんとに?詐欺じゃんそれー、訴えちゃおうかなぁ。あはははは」
 
 僕「…。」
 
 
名誉毀損で訴えちゃおうかなぁ。あはははは。
 
 
 ①「タイタンの妖女」/カート・ヴォネガット・ジュニア
 
 ②「だれにでもできる恋愛」/村上龍
 
 
読みました。
 
①爆笑問題の大田光さんが薦めてるらしいです。帯がついていました。
 
 この人の作品はいつか読もうと思っていたのですが、リアリズムでない文章に引け目を感じて今まで
 
 読んできませんでした。初期の作品にはリアリズム(火星人とかが出てこない、という意味において)
 
 のものもあるらしいです。この作品に関しては素晴らしいの一点張りです。カフカとか好きな人にお勧め。
 
 
②まぁいつも通りかな、という感じ。表題は逆説的な意味みたいです。というよりむしろ反語かな。
 
 恋愛は誰にでもできるものではない、というもの。もう彼の恋愛に関するエッセイはいいや。
 
 
錦戸くんに対抗して伸ばし続けていた髪も、今日で大分すっきりしました。
 
一昨日ヒゲを全て剃ったこともあって、5歳くらいは若返ったんじゃないかと思います。
 
 
 彼「いやー、だいぶ変わったね。でも、すでに働いてる感じは抜けないよねー。あはは」
 
 
えーと、どなたか行列ができる法律相談所知りませんか?
広告

BOOK” への2件のフィードバック

  1. この前はどーもw
    店長じゃなかったの?
    珍しいね。
    あたしはあれ以来クアトロ恐怖症だよw
     

  2. うん、昨日はいなかった。だから代打出場というかむしろ違うとこに行ってきた。
    あれもあれで恐怖体験だったね、かなり。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close