BOOK

バスに乗車中、うしろに座っていたお父さんが息子に向かってこう言いました。
 
 「もう桜も散り始めたずらね」
 
まさにそのとき、僕も春の終わりを感じました。というか感じたずら
 
 
ここ3日間、お酒と本に溺れていました。ぶくぶくぶく。
 
テキーラ・ビール・ワイン・ウィスキー・カクテル。まさにアルコホリックな守備範囲です。
 
 
 ①「罪と罰」/ドストエフスキー
 
 ②「ウォーク・ドント・ラン」/村上龍vs村上春樹
 
 ③「Java入門」/横田一輝
 
 ④「眞鍋かをりと松本大のいちばんやさしい株のはなし2」/日本経済新聞社
 
 ⑤「シャーロック・ホームズ 最後の挨拶」/アーサー・コナン・ドイル
 
 ⑥「おじいさんは山へ金儲けへ」/村上龍
 
 
ここ2週間くらいかけて読んでいたものです。
 
①通して読むのは初。主人公、ラスコーリニコフの考えには共感できます。いい小説でした。
 
②春樹さんが有名になる前の対談集。二人がバーの店員と客だった時代が見てみたいです。
 
③ムズカシイッス。まだ3頁くらいしか進まず。ダレカタスケテ。
 
④そろそろ株が買いたいです。もちろんデイ・トレーダーではなく。その前にお金がありません。
 
⑤やっぱりホームズは素敵。基本は推理小説だけど、これはその枠に留まらない魅力を持ってます。
 
⑥投資のリスクや概念を、昔話を現代風にリメイクしながら説明。純粋に文章としてもイケます。
 
 
4月も初旬になり、新たな気持ちでスタートしていけそうな気概が空気中にすら溢れています。
 
新学期は僕も心機一転、新しいペンシル・ケースをもって学業に望みたいと思いました。
 
そして購入しました。
 
↓「これで簿記の授業も安心!出オチでイジられて終わるか、イジメられるかの二択です」
広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

BOOK への3件のフィードバック

  1. 志緒 より:

    javaなら任せてください☆
     

  2. keita より:

    ④ってこの前買ったやつだよね!?もう読んだんだ!!どうだった!?
    ってか①は読もうと密かに計画してたんだけど(笑)

  3. S より:

    salt>おお!じゃ彩未ちゃんの話でも聞きがてらご教授願いたい、ジャバ姉さん!
     
    keiting>別に「密かに」してなくてもいいのにw カチェリーナ・イワーノヴンナ、アマーリヤ・フョードロヴテンナ、ソフィア・セミョーノヴテンナとかに耐えるのはしんどいですね。僕はロシア小説を2冊読んでから臨みました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中