BOOK

 「ポケットに拳銃を持って街に出たら、全てが変わって見えた」
 
そんな文章をどこかで読んだ気がする。人びと、町並みなど全てが平生とは違って見えた、と。
 
ニュータウン開発で景観が変わったわけでも、一般市民の精神状態が特殊なわけでもないのだろう。
 
自分の内面的あるいは外面的な変化と、二人称以上の変化の垣根が曖昧になってきているだけで。
 
つまり「自分の変化」を「全ての変化」と錯覚してしまうような。
 
 
僕が最近、富に感じるのはそのような気持ちです。
 
近い未来に自分の大きな変化があるために、すべてが変わって見えます。
 
a week later に自分が持っていないものの価値に、喪失が近づいて初めて気付き出しているせいか。
 
 
 「2days 4girls 2日間で4人の女とセックスする方法」/村上龍
 
 
表題だけだと少しぎょっとしてしまうんですが、もちろんハウツーものなどではなく小説です。
 
まだ読んでいる途中なのですが、テーマが見えてきません。リアリズムで書かれている箇所もあれば
 
夢の中のような非現実的な描写があったり。
 
 
一度ある作家さんにはまってしまうと抜けられない悪い癖がまた出てきてしまったようです。
 
著者の考えに共感できるものだけ読んでいても自己性が確立できないばかりではなく、一枚岩な知識
 
という印象が払拭できません。ワンパターンな考え方に傾倒してしまい、批判精神も生まれず。
 
…というのは頭ではわかってるんだけど、ダメですね。スキナモノハスキ。
 
 
スキと言えば、カナダでホットドッグをやたら好きになりました。NYのお店よりCNDの屋台が美味しくて。
 
パンズはもちろん、フランクフルトの投げやり感が素敵だったなぁ。
 
 「もしロシア人なら、タカヒロ・フランクフルトスキー・セヌマって名前にしたいね!」
 
とか言っていたら、お店で「T・F・S」のイニシャルのパーカーを発見。
 
 「オレのための服?買うしかない!」
 
とか息巻きつつタグを見たら、「トリプル・ファイブ・ソウル」でした。
 
まぁ嫌いなわけじゃないんですけど、いくらなんでもそのブランドとかぶらなくてもいいのに…。
 
 
 Triple Five Soul Official Site(音出ます)→http://www.triple5soul.com/site/index.html
 
 
いや、やっぱりトリプル・ファイブ・ソウルは嫌いです。さっきは建前言いました。
 
 
↓「これは今日の朝食。カナダとは雲泥の差…って言ったら朝飯没収されそうになりました」
広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中