BOOK

レミオロメンのボーカルが予想していたヴィジュアルじゃなかった」という理由で更新していませんでした。
 
そんなわけありません。
 
 
「THE SPACE TOURIST’S HANDBOOK/エリック・アンダーソン」
 
 
読みました。「予算」「コースの選び方」など、様々な観点から宇宙旅行について知ることが出来る
 
いわゆる宇宙旅行ハンドブックです。
 
 
宇宙旅行はもうSFの話ではないということを教えてくれます。
 
「無重力空間でのトイレの使い方」、「持ち物チェックリスト」などの手引き書的内容はもちろんこと
 
「無重力状態では火までもが空中に浮く」とかいうコラムなどもあって楽しめる内容です。
 
 
民間人初の宇宙旅行が4年以上前に行われたことを考えると、現実の世界が過去のSFに近づく
 
日もそう遠くないのではないかという気はします。
 
 
本書によると、宇宙弾道飛行という形式での10分程度の宇宙旅行ならば2008年ごろまでには
 
現実のものとなるようです。お値段は50000~200000ドル程度。高くないけど高いよね。
 
 
今度のバカンスに恋人に宇宙旅行に誘われたとしても大丈夫!」そんな本でした。
 
個人的には「ゼロG」を飛行機の急降下によって体験できるコースを近い将来絶対申し込もうと
 
思います、本気で。渡航費、諸経費抜きで50万円くらいだそうです(In America)。
 
 
詳しくはこちらへ
 
SPACE adventures(日本語サイト)→http://www.spaceadventures.jp/index.html
広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

BOOK への2件のフィードバック

  1. 志緒 より:

    本気で興味があって見てしまいました。
    でも24億に絶句しました。
    もう少し安くなったらもう一度考えようと思います☆

  2. S より:

    24万円とかになる時代はいつ来るんだろうね。
    採算の問題で、一度の人類の四分の一分ぐらいが参加しないと出れなそうな値段ではあるけども。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中