BOOK

「Presents」/角田光代
 
おふくろが購入したので読みました。「キッドナップ・ツアー」、「空中庭園」などが有名です。
 
だからなんだと言われてしまえばそれまでなんですが、僕の読む作家さんは早稲田卒の方が多いです。
 
阿刀田高さん、村上春樹さん、原田宗典さんなどを筆頭に、学部の枠にとらわれず。
 
角田光代さんもその一人です。
 
 
自分が受験するとき、有名な大学名にはあまり惹かれませんでした。
 
それは僕が「受験」というものに多くの期待をしていなかったからだと思います。
 
日本の受験勉強ほど無意味なものはそうないな、と塾講師ながら感じます。
 
 
もちろん、その過程で得るものは多いでしょう。
 
友達と競い合い、理解しあえた時間。辛くも楽しかった図書館通い。自分の力を試す場。
 
しかし、「受験の為の勉強」から生まれる純粋な価値は多くはありません。
 
 
その多くは「自らの学習意欲に基く勉学」ではなく、「大学への通知表」の意味を持つからです。
 
 
受験の為でなく、大学入学後に始めた自分の為の勉強はどんなにか楽しかったことでしょう。
 
僕はそれを知ったとき、真実震えが止まりませんでした。
 
 
今は本が僕の教科書です。日々の生活が僕のワークノートです。
 
 
とにもかくにも、好きな作家さんが多く在籍していた早稲田大学はいいなぁと思うわけです。
 
受験勉強しなおして、大隈さん狙ってみようかなぁ。あれ?本末転倒?
 
 
そうは言っても「ハリーポッターと炎のゴブレット」の「ゴブレット」がゴブリンみたいのだと勘違いしてた僕にはそんな志望校、到底無理。
 
 
貴浩21歳、今欲しいものは知性です。年末ジャンボが当たったらたっぷり買ってやる!!
 
 
↓「帽子とステッキがなんとも知的な早稲田ベアー!でもケモノ。え?夜が?それはヒ・ミ・ツ☆」
広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

BOOK への2件のフィードバック

  1. chibi-mayu より:

    ゴブレットってあたしも何か知らなかったよwそれでも熊だったり帰国だったりwそんなこともあるさ~w

  2. S より:

    ゴブリンじゃなかったら、ゴーフレットの類としか思えないから!まぁ割と面白かったよね、アレ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中