a dying world

そういえば、もうかれこれ一週間言葉を交わしてないんだね

毎日顔を合わせながら、お互い見て見ぬ振りをし続けている

そこには、時候の挨拶や、月並みな社交辞令すらも存在しない

純粋な沈黙が、ただ、そこにあるだけで

行き場の無い、気づまりな気持ちが空間を伝播し、僕らを蝕む

「なんか、こうして話すのも久し振りですね」

その一言が、まるでかえしの付いた釣り針みたいに、僕の喉もとに食い込んで離れない

もがけば、もがくほど深く食い込み、言葉とならずに朽ち果てる

苦しい

本当に苦しい

明日はきっと。明日はきっと。と思い、毎日が過ぎ去っていく

人生とは後悔の集約に過ぎないのでは、と懸念しながら

分かり合えると信じたい

笑い合って、あの時はなんだったんだろねと言えるように

 

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中